クレジットカード現金化にはいろいろな方法があります

急な出費などの関係で今すぐ現金が必要になるシーンがあるでしょう。
必要な時に限って現金が足りない人も多く、どうしてもすぐに現金が必要なら、クレジットカードを使って現金化することが可能です。
いろいろな方法があり、失敗しないためいくつか注意すべきポイントに気を付けながら利用するとお得に活用できます。

自分で行なうか専門業者に依頼する

いろいろな方法がありますが、大きく自分で行なう方法と専門業者に依頼する方法に区分することができます。
自分で行う場合、換金率の目安として60~97%ぐらいで、スピードは即日~7日になるでしょう。
専門業者に依頼する場合、換金率の目安として80~90%ぐらいで、スピードは1時間~2日です。
時々単発で利用している人がいたり、繰り返し利用する人もいます。
自分で行う場合、専門業者に依頼するより換金率がアップするようなチャンスもありますが、タイミングやアイテムによって金額がダウンする可能性もあるので注意が必要です。
即日行うことができたり、1週間以上かかることもあるのでスケジュールには余裕を持って行いましょう。

換金率の高いものがあります

自分で行う場合、換金率の高いアイテムを利用することをおすすめします。
ショッピング枠を使うことになり、大手ショッピングサイトのギフト券や切手シートを利用することが可能です。
信販系ギフトカードを使ったり、スマートフォンやタブレットなどを転売する人もたくさんいます。
換金率を事前にチェックしておき、手元に置きたい現金から逆算しながら、必要な額面を購入すると便利です。
例えば大手ショッピングサイトのギフト券の場合、換金率の相場について80~95%ぐらいで、スピーディに処理することができます。
公式サイトから購入することができ、ギフト券などを取り扱っている買取サイトで売却することが可能です。
Eメールやメッセージで送信するデジタルギフタイプもあり、タイミングによっては高換金率で、即日現金が振り込まれる予定です。

切手を利用する人もいます

切手シートを換金する場合、換金率の相場は85~93%ぐらいで、すぐに買取することが可能です。
キャッシュレス決済対応のところで購入し、金券ショップで売却することができます。
換金率は安定していて、比較的高い傾向にあります。
通販で購入することもできますが、郵送に最短3日ぐらいかかるでしょう。
ショップに持ち込むとすぐ換金することができたり、宅配買取も利用することが可能です。

信販系ギフトを使うことができます

信販系ギフトを使う人も多く、換金率の相場は約95%で、信販会社にあるギフトカード販売ページで購入することが可能です。
チケットショップで売却することができ、換金率の高いアイテムの一つと言えるでしょう。
基本的にクレジットカードを使ってギフト券は購入できませんが、使っているカードと同じブランドのものなら、ギフトカードを購入することが可能です。
郵送されるまで1週間ぐらいかかるので、時間的な余裕がある人に向いています。

スマートフォンなどは人気アイテムです

スマートフォンやタブレットは人気があり、特に最新タイプはかなり換金率の高いアイテムになっています。
発売して直後の最新のもので未開封なら、80%以上で買い取りすることが可能です。
これらを転売する場合SIMフリーがおすすめで、家電量販店で購入した後すぐに買取業者において査定してもらいましょう。
ネットにある買取サイトも利用することができ、高く買い取ってもらえることが多いです。

ドルを円に両替する方法もあります

ドルを購入して円に両替する人もいて、換金率の相場は80~95%です。
売却先は金融機関などになり、外貨両替に慣れている人に向いています。
少し敷居の高い方法といういイメージがありますが、主要駅構内や空港などにあるショップで手続きすることが可能です。
近隣に店舗がないならオンラインで外貨宅配サービスを利用することができ、海外旅行なので余ってしまった現地のお金を持っている人にもおすすめです。

自分で行なうにはいくつか注意点があります

いろいろな方法がありますが、例えば現金を受け取るまで時間や手間がかかることが多いです。
アイテムをリサーチしたり、購入した後買取ショップにおいて査定してもらうなど、すべて自分で行わなければなりません。
高い換金率を狙うなら、事前にアイテムや転売先などもリサーチする必要があります。
数日かかることが多いので、急に現金が必要になった場合には不向きかもしれません。
いくつか換金率の良いアイテムがありますが、必ずしもその率で取引できるとは言い切れないでしょう。
申し込みするタイミングや金額などによって、換金率が下がるケースがあります。
事前にその日の換金率をチェックしてから利用することをおすすめします。

カード会社に疑われるかもしれません

ショッピング枠を利用するので問題はないのですが、カード会社は転売などの目的で使用する人に対して監視を強めています。
ギフト券などのアイテムを頻繁に購入していると、疑われやすくなるでしょう。
もし知られてしまうと、カードの利用が停止されたり、強制解約といったペナルティが予想されます。
普段より高い買い物を頻繁に行わなかったり、繰り返し購入しないなど対策が必要です。

業者に依頼することができます

自分で行う方法がありますが、専門業者に依頼する方法もあります。
いろいろなメリットがあるので多くの人が利用している方法です。
まず業者に申し込みを行い、アイテムを購入します。
買取してもらうと現金が手に入るので完了です。
申し込んでから短時間で手続きすることができ、安定した換金率を誇ります。
利用するのにいくつか準備する書類があり、例えば本人確認作業のため身分証が必要です。
カードや本人名義の銀行口座、運転免許証などが必要になります。
古物営業法によって本人確認が規定されているので、事前に問い合わせしておき何が必要なのか聞いておくと安心です。

無理のない利用が求められます

いろいろな方法を使って換金することができますが、これらの行為はクレジットカード会社のルールに違反する行為になるので、カード会社に知られるとカードの利用停止が行われたり、強制退会といったリスクがあります。
セキュリティの観点から通常と異なる決済が行なわれた場合、チェックするために利用者に電話することもあるので注意が必要です。
特に注意すべきは同じアイテムをいくつも同じ時期に購入することで、これをするとカード会社から疑われる可能性が高くなります。
もし疑われたとしても冷静に対処することが大事で、カード会社から電話がきたら必ず対応しましょう。
不自然な決済などについて指摘されることもありますが、人にあげるために購入したなど自然な理由を言うことをおすすめします。
嘘をつかないためにも無理のない範囲で行う方が無難です。
もし疑いがかけられたなら、しばらく購入を控えるようにしましょう。

業者を利用するとばれにくと言われています

専門業者を利用すると、カード会社から疑われにくいメリットもあります。
専門業者の中にはカード事故0件という実績をアピールしているところが多く、これはカードについてトラブルがないという実績です。
利用履歴からばれないような最適なアイテムを提案してくれるので安心です。

消費者金融よりも安心して利用できます

すぐに現金を得る方法として消費者金融が有名ですが、審査があったり返済に関して不安を感じている人もいるでしょう。
換金を利用すると手軽に利用することができたり、カードさえあれば使用することが可能です。
基本的に借金ではなく、ショッピング枠を利用するので違法性はありません。
業者を利用する場合古物商許可を得ているので、法律的なトラブルも生じることがないでしょう。
しかしながら、適用される換金率は実質的に貸金業者と同じになるので、カード会社ではルールにおいてこのような行為を禁止していることが多いです。
事実が明らかになると一括返済を求められるケースもあるので注意しましょう。

まとめ

カードのショッピング枠を使って買い物し、アイテムを換金するという方法です。
消費者金融のような審査はなく、すぐに現金を手にすることができます。
自分で行ったり業者を利用することができ、スピーディに換金することが可能です。
頻繁に利用しているとカード会社から目を付けられたり、カード利用を停止させられるかもしれません。
換金する頻度に気を付けたり、安全な業者を選ぶことをおすすめします。

関連記事